【再掲】App Ape Report を無料入手キャンペーン まもなく終了!(2013年7月22日まで)

Posted by & filed under ニュース.

free_report_saikei

本日、最新のレポート「広告業界を対象としたスマートフォンの利用動向調査」を公開いたしました!
こちらもキャンペーンの対象となっております。
いつもブログをご覧頂いている皆様、誠にありがとうございます。
App Apeは、10万人を超えるパネルユーザーのAndroidスマートフォンのアプリ利用情報(起動回数、インストール、etc.)を分析し、市場調査レポートとして提供するサービスです。
ぜひこの機会にApp Ape Reportを無料入手できるサービスコードを入手してください!

今、HOTなスマホ・アプリ分析記事を「infogr.am」を使ってまとめてみた。

Posted by & filed under その他.

analysis

App Ape ブログをはじめて1ヶ月と少しが経ちました。

おかげさまで皆さんに見ていただけているようです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今までの記事のPV数がどれくらいなのかを少しおさらいして見ることにしました。
ただPV数の順番で並び替えるのでは芸が無いので、、無料でインフォグラフィックスが作れる「infogr.am」を使って見ることにしました。

【ブログ読者限定】App Ape Report を無料入手キャンペーン(2013年7月22日まで)

Posted by & filed under ニュース.

free-report

いつもブログをご覧頂いている皆様、誠にありがとうございます。
App Apeは、10万人を超えるパネルユーザーのAndroidスマートフォンのアプリ利用情報(起動回数、インストール、etc.)を分析し、市場調査レポートとして提供するサービスです。
月に2本(40ページ/本 程度)のペースで市場調査レポートを発行しております。本ブログでは、レポートの内容の一部を抜き出し、週に2回ほどのペースでみなさんにご紹介しております。FULLER株式会社は、App Ape BlogとApp Ape Report を通じて有益な情報をご提供することで、スマートフォン・アプリ市場の活性化に貢献します。
この度は、ブログをご覧頂いている皆様にご意見を頂きたいと思い、App Ape Reportを無料入手できるサービスコードを発行致します。

アプリがテレビで紹介されるとDL数が3倍に!?アプリ紹介番組の効果検証

Posted by & filed under アプリ分析.

rimocon

ん!?昨日のインストール数がおかしな数字になっている。。何があったんだ!?
今年の1月16日、いつものように Google の Developer Console で前日のインストール数を確認すると、数字がおかしなことになっていました。なんと、弊社アプリ「ぼく、スマホ」で、通常時の3倍近くインストールがあったのです。
これは絶対何かあったなと思い原因を調査していると、あるユーザーさんのTwitterのつぶやきを発見しました・・・「昨日、オードリーの番組に出てたよ!」

App Apeブログへの声を集めてみた

Posted by & filed under アプリ分析.

appape_googleplay

先週からApp Ape Blogをスタートさせて頂きました。
前々回のブログはスマホとアプリのレポートサービス「App Apeレポート」の4月分の「スマホとアプリの市場動向調査−通信キャリア編−」からMAUランキングだけを抜粋して書いております。「10万台のAndroidを解析してわかった、いま使われているアプリTop10」(2013.6.5 App Ape Blog)
LINEと関連アプリが圧倒的に上位にいた事や、10位に無音カメラがランクインしていたことが興味を引いたのか、LINEの森川社長や田端信太郎さんに記事をツイートしていただいたり山本一郎さんの記事にも引用していただいたりしました。

App Ape Blogの紹介 – FULLERがアプリ分析ブログをオープン!

Posted by & filed under その他.

logo_appape

App Ape Blogを本日オープンしました!初回の記事として、App Ape Blog立ち上げにあたり今後どのような記事をどういった人に向けて発信していくのかなど簡単にご紹介します。今まで、スマートフォンのアプリ市場に関する情報は、Google PlayやApp Storeでのランキングデータが中心で、そのランキングもアルゴリズムが公開されておらず、明確な”指標”がありませんでした。また、アプリ開発者にとっては、自社アプリの利用状況は知ることができても、競合他社アプリが”今”どの程度利用されているかは知ることが出来ませんでした。これは、視聴率のない中、テレビ番組を作らなければならない番組制作者と同じではないでしょうか?