ドコモのツートップ New Xperia New Galaxy

ドコモがツートップとして売り出している、SONYのXperia AとSamsungのGALAXY S4。

この2台が圧倒的に売れているのは携帯ショップや電気屋さんに行けばすぐにわかるのだが、

ではいったい、どちらの方が売れているのか?

App Ape の6月の最新データから検証してみた。

Xperia A はGALAXY S4 の2倍

XPERIA A GALAXY S4

今回、検証するにあたって App Ape のデータから20,000台の端末を抽出(6月末時点)。

男女比に関しては、こちらの博報堂DYのスマートフォンユーザー調査の結果を参考に、男性:女性=44.0:46.9となるようにした。

(男性:9,681サンプル、女性:10,319サンプル、合計20,000サンプル)

これら20,000台の端末を調査した結果、以下の結果となった。

Xperia A:184/20,000=0.92%

GALAXY S4:92/20,000=0.46%

ということで、Xperia AはGALAXY S4の2倍所有者数がいるということがわかった。

こちらの記事にあるように、ドコモが発売から1ヶ月でXperia A 64万代、GALAXY S4 32万台を売り上げたと発表しているが、この割合は現時点でも変わっていないようだ。

もはやツートップと言うよりは、ワントップに近いのかもしれない。

Xperiaの2連続好調でSONYの巻き返しなるか?

前作のXperia Z、今回のXperia AとSONYのAndroid端末は2回続けて好調である。

確かに端末のスペックもかなりいいし、 デザインも洗練されている。

最近では、6.44インチのXperia Z Ultraも発表され、Xperia i1 (honami) といった次の機種のうわさも出て来ている。

この調子でどんどん新端末がヒットして行くと、国内のAndroidのシェアもかなり変わってくるのではないだろうか?

 


スマホとアプリのデータ提供サービス「AppApe」では、10万人近くのユーザーの実際のアプリの利用動向を分析して得た、各アプリに関する

  • 男女比
  • DAU(Daily Active Users)率
  • MAU(Monthly Active Users)率
  • 平均起動回数
  • インストール率
  • アンインストール率

などのデータを「App Ape定点観測レポート」という形でExcel形式にてご提供しております!

サンプルデータのご提供等もできますので、こちらからお気軽にお問い合わせください。

実際に入手して活用していただけると、例えば、以下のようなことができます!

  • 競合アプリが未獲得のターゲット層に狙いを定めて、
    新作アプリの開発、既存アプリのマーケティングすることができます!
  • 頻繁に使われているアプリがわかるので、
    それを参考にアプリの企画立案をすることができます!
  • 競合アプリのユーザー数が減ってきたタイミングなど、
    最適なタイミングでマーケティングをすることができます!

是非ともご活用いただければ幸いです!

また、App Ape公式Facebookページ公式Twitterではアプリ分析の情報を提供しておりますので、是非フォローをお願いします!

app_ape_banner

ぼくはこう考えるでござーる by

渋谷 修太

筆者自身もXperia Zユーザーであるが、確かに電池持ちも非常に良いし、デザインも気に入っている。何より、一度5インチという大きめのディスプレイに慣れてしまうと、目が慣れてしまい、iPhoneの画面等を見るとかなり小さく感じる。おそらく一度大きいディスプレイにした人は、次からも大きめのものを選ぶのではないかと思っている。