今や誰もがやっているといわれている、スマートフォンのゲームアプリ。

先週の読売新聞の記事によると、70%以上の人がゲームアプリをインストールしていると言われている。

今回は、無料ゲームに着目し、どのアプリが多くのユーザーに利用されているのか、調べてみた。

無料ゲームアプリMAUランキング(2013年4月)

アプリ名 ゲーム内カテゴリ
1 LINE POPアイコン LINE POP パズル
2 LINE バブルアイコン LINE バブル パズル
3 パズル&ドラゴンズアイコン パズル&ドラゴンズ パズル
4 LINE HIDDEN CATCHアイコン LINE HIDDEN CATCH パズル
5 LINE ウィンドランナーアイコン LINE ウィンドランナー アーケード&アクション
6 おさわり探偵 なめこ栽培キット Deluxeアイコン おさわり探偵 なめこ栽培キット Deluxe カジュアル
7 LINE Playアイコン LINE Play カジュアル
8 アルパカにいさんアイコン アルパカにいさん カジュアル
9 おさわり探偵 なめこ栽培キットSeasonsアイコン おさわり探偵 なめこ栽培キットSeasons カジュアル
10 LINE JELLYアイコン LINE JELLY パズル

用語の解説

MAU (Monthly Active User)

月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数。本ランキングは、10万台のAndroidパネルユーザーをもとにした2013年4月における、MAUランキング。対象アプリは2013年4月末時点でGoogle Play上に情報が存在するアプリ。

[データ元:App Ape(国内10万台のAndroid端末をサンプリング)※アクティブ数はApp Ape推定による]

ゲーム内カテゴリ

Google Playはカテゴリが2層構造になっておりゲーム内のカテゴリーも8つに分解される。カジュアルは短時間でのプレイが可能で、ルールや操作方法も説明書を読まなくても把握できるほどシンプルな、誰にでも比較的簡単に遊べるゲーム群を指すことが多い。

パズルがMAU上位!

1〜4位まではパズル系が独占している。

LINE関連アプリが6個もランクインしている中で4個はパズルであることがわかる。

これらが上位に来ているのは、以前の記事でも伝えた通り、アクティブ率が高いLINEが導線としてうまく機能しているのだろうといえそうである。

シリーズものアプリは、おもちゃ化へ!?

LINEグッズ画像

このランキングを見ると、どうしてもLINEに目がいってしまうが、なめこ栽培キットシリーズもTOP10に2つランクインと大健闘している。

LINEも含め、シリーズで継続利用が続いているアプリの人気はアニメやぬいぐるみ、おもちゃ等、今やアプリだけにとどまらない。

先日、東京ビッグサイトで行われていた東京おもちゃショー2013があり、これらのアプリのおもちゃが紹介されていたようだ。

パズドラ、なめこ、LINE…いま人気のキャラはみーんなスマホ生まれです[ #東京おもちゃショー ](TABROID)


スマホとアプリのデータ提供サービス「AppApe」では、10万人近くのユーザーの実際のアプリの利用動向を分析して得た、各アプリに関する

  • 男女比
  • DAU(Daily Active Users)率
  • MAU(Monthly Active Users)率
  • 平均起動回数
  • インストール率
  • アンインストール率

などのデータを「App Ape定点観測レポート」という形でExcel形式にてご提供しております!

サンプルデータのご提供等もできますので、こちらからお気軽にお問い合わせください。

実際に入手して活用していただけると、例えば、以下のようなことができます!

  • 競合アプリが未獲得のターゲット層に狙いを定めて、
    新作アプリの開発、既存アプリのマーケティングすることができます!
  • 頻繁に使われているアプリがわかるので、
    それを参考にアプリの企画立案をすることができます!
  • 競合アプリのユーザー数が減ってきたタイミングなど、
    最適なタイミングでマーケティングをすることができます!

是非ともご活用いただければ幸いです!

また、App Ape公式Facebookページ公式Twitterではアプリ分析の情報を提供しておりますので、是非フォローをお願いします!

app_ape_banner

ぼくはこう考えるでござーる by

大野 康明

今回のランキングを見て、もはやアプリのゲームはスマートフォンの中のものだけではないことがわかる。現状では、キャラクターとしてお菓子や玩具、テレビ番組がメインだが、まだまだ広がる余地はありそうである。今後も注目していきたい!