ゲーム画像

世はまさに、大パズドラ時代。

パズドラの爆発的ヒットは既に誰もが知っていることだとは思うが、今回取り上げるのはパズドラが市場を開拓した後の、新世界についてのお話である。

ソーシャルゲーム × カジュアルゲーム = 新時代のゲーム

パズドラと魔法使いと黒猫のウィズのバトル画面

携帯ゲームの世界は、GREEやmobageなどのプラットフォーム全盛の時代から、パズドラを始めとするネイティブアプリの時代へと動きつつある。

今までのブラウザ系ソーシャルゲームと最近流行りのネイティブ系ソーシャルゲームの違いは、スマホの特徴を活かしているかどうかである。

タッチやスライドを使って簡単なパズルやアクション要素を盛り込んでいるものや、比較的大きなスマホの画面を活かしたクイズ要素を取り入れているものなど色々ある。

共通しているのは、今までのソーシャルゲームで単純に「攻撃」ボタンをポチポチ押していた部分に、よりゲーム性が増す機能を追加しているという部分である。

要するに、ソーシャルゲームのバトル部分にカジュアルゲームの要素を若干追加したというものなので、パズル以外にも、コイン落とし、シューティング、クイズ、脳トレなどなど、組み合わせは無数に考えられる。

 

今後しばらくはこういったゲームがたくさん出てくることは、まず間違いないだろう。

言ってしまえばパズドラ系ゲームなのだが、それではあまりにも芸がないので、今後はこういったパズドラ系のゲームを「ソーカジュゲーム」と呼ぶことにする(ソーシャル×カジュアル)。言いづらいけど。。

4つのソーカジュゲームをご紹介

今回は、数あるソーカジュゲームの中から、Google Playの売上ランキング100位以内に入っていた以下の4つを取り上げる。ダウンロード数は6月23日時点でのGoogle Play推定ダウンロード数である。

 

ソーカジュゲーム推定DL数比較
バウンドモンスターズ  バウンドモンスターズアイコン 50万-100万DL
 魔法使いと黒猫のウィズ 魔法使いと黒猫のウィズアイコン 50万-100万DL
 ドラゴンコインズ ドラゴンコインズアイコン 10万-50万DL
冒険クイズキングダム 冒険クイズキングダムアイコン 10万-50万DL

モンスター、魔法使い、ドラゴン、キングダムなど、RPGでは聞き慣れ過ぎた王道系なテーマではあるが、グラフィックのクオリティも高く、カジュアルゲームの組み合わせ方に関してはどのアプリも作り込まれている印象がある。

 

ダウンロード数を見ると、バウモンと黒猫が先行しており、他が追従。Google Playのレビューでは、クイズ系の評価が高く、次いでバウモン、ドラゴンコインズは少し苦戦しているように見える。

それでは、MAUや売上はどうなっているのだろうか。

MAUに対する売上では、黒猫が優秀。

ソーカジュゲームのMAUと売上ランキング比較

 

MAUとは、Monthly Active Userのことで、そのアプリを1ヶ月に1回以上使用したユーザー数である。データの母数は弊社アプリケーションのパネルユーザーの中からランダムで10万件を抽出したものを利用している2013年4月時点)。また、売上ランキングはGoogle Play発表のものを利用。

MAUがもっとも高いのはバウモンだが、売上と比較するとMAUが低いのにもかかわらず黒猫の売上が高いことが分かる。

対して、キングダムのMAUに対する売上は苦戦している。

ということで、App Apeとしてはパズドラの次に来る優秀ソーカジュゲームは黒猫と予想している。

 


スマホとアプリのデータ提供サービス「AppApe」では、10万人近くのユーザーの実際のアプリの利用動向を分析して得た、各アプリに関する

  • 男女比
  • DAU(Daily Active Users)率
  • MAU(Monthly Active Users)率
  • 平均起動回数
  • インストール率
  • アンインストール率

などのデータを「App Ape定点観測レポート」という形でExcel形式にてご提供しております!

サンプルデータのご提供等もできますので、こちらまたは info [at] fuller.co.jp までお気軽にお問い合わせください。

実際に入手して活用していただけると、例えば、以下のようなことができます!

  • 競合アプリが未獲得のターゲット層に狙いを定めて、
    新作アプリの開発、既存アプリのマーケティングすることができます!
  • 頻繁に使われているアプリがわかるので、
    それを参考にアプリの企画立案をすることができます!
  • 競合アプリのユーザー数が減ってきたタイミングなど、
    最適なタイミングでマーケティングをすることができます!

是非ともご活用いただければ幸いです!

また、App Ape公式Facebookページ公式Twitterではアプリ分析の情報を提供しておりますので、是非フォローをお願いします!

app_ape_banner

ぼくはこう考えるでござーる by

渋谷 修太

今回はソーカジュゲームと新たなカテゴリー名をつけてしまいました。
前回の記事で書きましたが、カジュアルゲーム(短時間でのプレイが可能で、ルールや操作方法も説明書を読まなくても把握できるほどシンプルな、誰にでも比較的簡単に遊べるゲーム群)のMAUは高い傾向にあります。
特に黒猫はクイズという知的好奇心をくすぐる要素が織り込まれているので、熱中して課金してしまうのではないでしょうか?