みなさん、毎日のニュースはどのように見ていますか?

最近では、スマートフォンで見る人も増えてきたのではないでしょうか?

実際、『スマートフォンの利用行動は「ニュース検索・閲覧」が最も多く約7割』という調査結果があるので、多くの人がスマートフォンでニュースを見ていることが分かります。

その中でも、キュレーションニュースアプリとして人気の高いSmartNewsとGunosyについて、多くの記事で機能やデザイン、ダウンロード数などについて比較がされています。

今回は、SmartNewsとGunosyについて、App Apeの調査結果を利用してアクティブ率を比較してみました。

インストール数はSmart News、DAU率はGunosyが高い!

smartnews_gunosy 2

 

※総インストール数はGoogle Playから引用
※DAU(Daily Active Users)率は、そのアプリを所持しているユーザーのうち、1日に1回以上起動するユーザーの割合
[データ元:App Ape定点観測レポート2月版(国内85,184台のAndroid端末を分析)※アクティブ数はApp Ape推定による]

 

この結果から、

  • 多くのユーザーにインストールされているのは、SmartNews
  • デイリーアクティブ率(毎日使う人の割合)が高いのは、Gunosy

ということが分かります。

ユーザーの規模からいうと、SmartNewsの方が大きいため、現時点ではSmartNewsが優勢であるといえるでしょう。

両者ともにメインユーザーは男性

一方で、アプリを所持しているユーザーの男女比率は次のようになっています。

※男性(女性)比率は、そのアプリを所持しているユーザーに占める男性(女性)の割合

[データ元:App Ape定点観測レポート2月版(国内85,184台のAndroid端末を分析)※アクティブ数はApp Ape推定による]

 

どちらのアプリも男性ユーザーが多いのですが、Gunosyのほうがより男性の支持が多いアプリとなっています。

Gunosyはその中でも、20代、30代男性の割合が多いため(他のニュースアプリと比較して)、若手のビジネスマンに多く活用されているのではないでしょうか?

ちなみに、女性比率が多いアプリとしては、「NAVERまとめリーダー」、「LINE NEWS / LINE公式ニュースアプリ」があります。(詳細は定点観測レポート2月版参照)

 

Gunosy、Vingowも大幅アップデート!ニュースアプリの競争が熾烈に

先月末にGunosyアプリに大幅なアップデートが行われ、ニュースになりました。

さらに、本日のニュースでは、資金調達とTVCM開始について発表されていました。

 

『Gunosyが大幅アップデートでほぼ別アプリに──ネット上では「見た目も中身もSmartNewsみたい」との声も』(2014.2.28, Appllio)

『ニュースレコメンドエンジンのGunosyがKDDIと資本業務提携、調達金額は12億円かーーTVCMも開始へ』(2014.3.14, THE BRIDGE)

 

この影響でインストール数、アクティブ率がどう変化していくのか、楽しみですね。

 

さらに、自動収集・自動要約ニュースアプリ「Vingow」もデザインをリニューアルした事で話題になっています。

 

『自動要約機能で差別化——ビジネスパーソン向けニュースアプリ「Vingow」の狙い』(2014.3.12, TechChrunch)

『ニュースアプリ春の陣、「Vingow」もデザイン刷新、「Gunosy」に続き』(2014.3.13, インターネットコム)

 

競争が激しくなっているニュースアプリ。今後どうなっていくのか、引き続き着目していきたいと思います。


上記の分析は、App Ape定点観測レポート2月版の調査結果をもとにしております。

App Apeは、10万人近くのパネルユーザーのAndroidスマートフォンのアプリ利用情報(起動回数、インストール、etc.)を分析し、市場調査レポートとして提供するサービスです。

app_ape_banner

サンプルデータのご提供等もできますので、こちらまたは info [at] fuller.co.jp までお気軽にお問い合わせください。

また、App Ape公式Facebookページ公式Twitterではアプリ分析の情報を提供しておりますので、是非フォローをお願いします!

 

 

ぼくはこう考えるでござーる by

大野 康明

ニュースは習慣的に毎日見るものなので、今回はDAU率という指標をもとにニュースアプリのアクティブ率をご紹介しました。アプリのカテゴリによって、重要なKPIは変わってきます。引き続き、そのカテゴリに合わせた指標による分析結果をどんどんご紹介したいと思います!